女性の更年期障害

エクオールとは?
チェック
40代の更年期障害
チェック
50代の更年期障害
チェック
若年性の更年期障害
チェック
4ホットフラッシュの対処法
チェック

 


更年期障害の症状に負けないために 50代は怠けるのも大事

 

女性は、50代を中心とした前後十年間に更年期障害の症状が最も出やすいとされています。

主な原因は、閉経によるホルモンバランスの変化だとされていますが、環境の変化や日々の生活のストレスとの因果関係も作用する実はとっても複雑な病気の一種です。

更年期障害の症状は、身体的なものと精神的なものの2種類に分けられます。 代表的な症状症状は、身体的なものではのぼせやほてりによる異常な発汗、頭痛や眩暈など、精神的なものでは、イライラや倦怠感などになりますが、どれも軽度の場合は少し無理をすれば日常生活を送れてしまうためについつい無理をしがちです。

50代に差し掛かったからといって、すべての人が更年期障害を発症するわけではなく、発症しやすい性格というものが提示されています。 では、どのようなタイプの人が更年期障害を発症しやすいのでしょうか。

まずは、責任感の強いタイプ。 何事も真正面から取り組んで、コツコツとこなし人の助けを借りずに自分の力だけで物事を解決しようとする生真面目な方が当てはまります。

そして、頑固で物事に拘りを持つタイプ。 一度決めたことを簡単に変更するなど以ての外とばかりに、事をやり遂げることにまい進するような一本気な性格の人があてはまるようです。

これらの人は、物事を成しとげるには最高の性格なのかもしれませんが、反対に自分を追いつめてしまうと言う大きな落とし穴を持っていることにもなります。 更年期障害の症状は、殆どが自覚症状のみですので、他人の目には分かり難いものばかりになりますし、更年期障害という言葉の響きが「私はまだまだそんな年じゃない」と、自身の症状を冷静に判断することを避けさせているという面もあります。

50代の声を聞いて、ほんの少しでも体調が悪い方に変化していると感じたら、自身が更年期障害であるかもしれないことをまず疑ってみることが大事です。 そのうえで、先に挙げたような性格の方は、少し怠けているかな?と思うぐらいがちょうどいいのです。

たった1人で頑張って解決できる問題は、たかが知れています。不要なプライドは捨てて誰かの力を借りましょう。

今悩んでいる問題は、悩んで答えの出るものですか?考えても答えの出ないものを現実社会には沢山存在します。そういう悩みは、一度棚上げしたりすることも大事です。 貴女が頑張ることによって苦しんでいるのは貴女自身なんだということを、貴女自身のためにも早く気付いてあげてください。
ボケ防止 サプリ


薄毛・ハゲでもモテるかっこいい人ってどんな人?

 

リンク一覧