女性の更年期障害

エクオールとは?
チェック
40代の更年期障害
チェック
50代の更年期障害
チェック
若年性の更年期障害
チェック
ホットフラッシュの対処法
チェック

更年期障害の症状とホットフラッシュの対処法

 

更年期障害とは女性の閉経にともない女性ホルモンのエストロゲンが減少することで自律神経が乱され体調不良をおこすことをいいます。

その症状は、月経不順、頭痛、無気力、高コレステロール、動悸、肩こり、ホットフラッシュがあります。「ホットフラッシュ」は首から上が急にほてり多量の汗が出てのぼせた状態をいいます。

運動や暑さが原因の汗や、緊張、動揺からくる精神的な理由の発汗もありますが、ホットフラッシュの大きな特徴は何のきっかけもなく突然にのぼせて汗をかくところです。人前や夜間に汗をかくことはストレスになり不眠症になることもあります。

このホットフラッシュの対処法は運動です。日ごろ、汗をかくことが少ないと汗腺は退化し休眠した状態になります。そのためにホットフラッシュが起こると、脇の下や首から上の比較的活発な汗腺がある部分に集中して汗をかいてしまいます。ウオーキングなどの軽い運動を行うことで全身の汗腺を活発にさせて基礎代謝を上げておきます。

ホットフラッシュが起きた時は少量の水を飲むことで体温が下がり気持ちも落ちつきます。首から上はのぼせるのに手足は冷えるという冷え性もホットフラッシュと関係していますので、外出の際には冷暖房対策として、体温調節のできるカーディガンやストールを用意しておきます。

食生活では大豆の「イソフラボン」が女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをもつと言われ注目されています。血行不良の予防としてもアルコールやタバコは控えてバランスのよい食事を心がけます。

夜間とつぜんの汗で目覚めることもありますが、インナーは速乾性のある素材を選ぶと寝汗対策になります。更年期障害は45歳~55歳に多くの症状がみられ、誰もが避けて通れない体調不良です。

人前でホットフラッシュが起きると焦ってさらに汗をかくこともありますが、更年期障害にストレスは大敵です。ストレスから症状を悪化させてしまうこともありまので、リラックスして更年期障害を乗り切りましょう。
NHKスペシャルで放送されたエクオール




薄毛・ハゲでもモテるかっこいい人ってどんな人?

 

リンク一覧