女性の更年期障害

エクオールとは?
チェック
40代の更年期障害
チェック
50代の更年期障害
チェック
若年性の更年期障害
チェック
4ホットフラッシュの対処法
チェック

 

 


悩ましい40代の更年期障害 どんな症状でも労わりが大切

 

更年期障害は誰にでも起こりうること。 40代の女性であれば、何かしらの症状に思い当たることでしょう。

「病気じゃないし、ゴロゴロと寝ているわけにはいかない」 そんなふうに、自分を叱咤していませんか?

40代の女性は家庭があれば、まだまだ子育ての真っ最中。 日々の家事も大変です。 また、シングルの人でもそれなりの役目を背負い、社会生活を送っているかもしれません。

どのような状況であっても、それぞれが大役をになっています。
更年期障害を気に病んでいる暇はないと考えるかもしれません。
それを立派な心がけと褒める人も少なくはないでしょう。

でも、女性が40年以上も生きていたら、体調の変化に苦しむのは当然のこと。
いままで頑張ってきたのですから、せめて自分だけはその苦労を敬い、労わってあげてはいかがでしょうか。

そこで、症状が辛い時には家族に打ち明けて、家事に協力してもらいましょう。 もしもお料理が大変な場合には、お弁当屋さんで調達してもいいではありませんか。 いつもとは違う味を楽しむチャンスです。

洗濯物も明日畳むことにして、多少のシワは目を瞑りましょう。

掃除機をかけなくても、いきなりハウスダストでアレルギーを発症するなんてありえません。 ご家族とっては症状を推し量ることは出来なくても、思いやることはそう難しいことではないはずです。

重要なのは、声にして素直に助けを求めること。 「お母さんはいつもスーパーマンの如く強い」なんて無理なのです。 会社への理解を求めることは、少しハードルが上がるかもしれません。

同年代、またはそれ以上の同性の先輩や同僚がいればフォローもお願いしやすくなり気が楽になります。 それが無理な場合には有給休暇を活用したり、婦人科で積極的な治療を行うこともおすすめです。

更年期障害は病気ではないかもしれませんが、積極的に向き合うことで症状を緩和させることが可能になります。 頭痛、発熱、倦怠感、イライラ、めまい、・・・。 我慢しすぎず、その時々で自分を労わることこそが更年期障害最大のやり過ごし方なのです。 更年期障害はサプリメントが効く




薄毛・ハゲでもモテるかっこいい人ってどんな人?

 

リンク一覧